ほくろ除去には美容外科クリニックの治療がおすすめです!

  1. ホーム
  2. ほくろと美白成分の関係性

ほくろと美白成分の関係性

カウンセリング

ほくろ除去をしたいと考えて、ほくろに美白成分が配合されている化粧品などを使用することがあると思いますが、実はほくろに美白成分はあまり効果がないのです。ほくろは正式名称では「色素性母斑」や「母斑細胞母斑」と呼ばれています。体内に発生しているメラニン色素が蓄積されて、皮膚にほくろとして発生してしまうのです。平らなタイプもあれば、盛り上がっているタイプがあるのが特徴でしょう。また、ほくろと似ている存在にシミがありますが、シミはメラニン色素が沈着して発生している状態となっています。そのため、シミには美白成分の効果を期待することが出来ますが、ほくろは肌の深い部分にあるのでいくら美白成分を用いても消すことは出来ないです。なお、例外として美白成分を用いて消すことが出来るほくろもあります。茶色いほくろは美白成分を用いて消せる可能性が高くなっていますよ。なぜ、茶色のほくろが美白成分の効果が発揮するかというと、茶色のほくろは肌の深い部分にまで達していない状態なので、まだ消すことが可能となっています。消すまでにかなりの時間を要してしまいますが、茶色のほくろは消すことが出来るでしょう。一方、黒いほくろはどれほど美白成分を使用しても消すことは出来ませんので気を付けることです。黒いほくろを除去したい場合は、美容外科クリニックにて正しくほくろ除去をした方が、断然効果的と言えます。

そんな美白成分ですが、ほくろ除去後に使用する機会があります。医療レーザーや切除法、切開法などでほくろ除去を行なった場合、どうしても施術痕が分かってしまうことがあります。そんなときに役立つのが美白成分となっていますよ。施術痕を薄くしていくために美白成分である「ハイドロキノン」を活用していくと良いでしょう。このハイドロキノンを活用することで、肌のターンオーバーを活性化させることが出来ます。その結果、施術痕が目立たなくなるでしょう。ほくろ自体に効果はないにしても、施術後のアフターケアとして使用していくことで、効果を期待することが出来るのです。なお、ハイドロキノンを活用していく上で、注意点があります。それは紫外線に注意をすることです。ハイドロキノンを塗布した肌は、紫外線に敏感になってしまう点があります。それは、肌の代謝を高めるために肌のバリア機能を失ってしまうからです。そのため、昼など紫外線が活発な時間帯の使用は避けて、日焼け止めを塗ることは大事になります。紫外線対策をしっかりと行なって、ハイドロキノンの効果をより高めることが出来ますよ。このように、ほくろ除去後にハイドロキノンを使用する際は、気を付けていきましょう。