ほくろ除去には美容外科クリニックの治療がおすすめです!

  1. ホーム
  2. 切開法と切除法

切開法と切除法

頬を触る人

ほくろ除去を行なう上で、治療にかかる回数について気になりますよね。除去したいほくろの大きさや深さなどによって、除去にかかる治療回数が異なっていくのが現状となっています。そのため、自分のほくろはどのくらいで除去することが出来るのかと悩んだら、まずは美容外科クリニックのカウンセリングに行き、医師に相談してみると良いですよ。そこで適した治療法や治療の回数などをしっかりと教えてくれます。なお、比較的1回の治療で完璧に除去することが出来て、かつ綺麗にほくろ除去することが出来る方法を紹介していきます。

ほくろ除去の治療では医療レーザー治療が一般的ですが、昔ながらの施術法として「切開法」と「切除法」の2つが現在でも行なわれています。切開法はほくろを切り開いて除去を行ないます。施術のあとは切り開いた皮膚を縫合する必要があるので、術後に定期的に通院する必要がありますが、ほくろ除去自体は1回ですみます。また、ほくろの組織自体を除去していくので、再発する心配もありませんよ。一方で切除法は、そのままメスで切り取る方法となっています。盛り上がっているほくろを除去する場合によく用いられる方法です。切開法で盛り上がったほくろの除去を行なうのは難しくなっているので、この切除法が適用されるでしょう。切除した後も、皮膚が綺麗に再生することが出来るように人工の皮膚でカバーしていくので、回復も安心することが出来ます。この切開法と切除法は、どちらも1回の治療でほくろ除去を行なうことが出来ますが、施術後のケアのために何回かクリニックに通わないといけません。また、美容外科クリニックでは数多くのほくろ除去法がありますが、基本的に施術は患者の希望で行なうことが多いです。医師と相談をしてアドバイスをもらいつつ、最終的には自分で施術法を決定していきます。そのため、自分に適した方法やそれぞれのメリットデメリットを理解して、慎重に選ぶことが肝心になっているでしょう。何も調べずに治療法を選んでしまうと、もう一度施術をする必要があったりトラブルが発生したりすることもあります。そのようなことにならないためにも、冷静に対応していくことが大事ですよ。